田舎ならではの生き方と新たな挑戦
50歳からの自分コントロールの旅
伊豆【温泉】

伊豆と電車と楽しみ方 その3

伊豆の民宿 宮田荘 2代目宿主 すすむです

 

季節の移り変わりは、早いものでpm15:00過ぎれば日も傾き始め
あっと言う間に、日も暮れ秋の夜長へとしゃれ込みます。
そんな秋の夜長と言っていた時間も過ぎ、冬への足跡が聞こえてきそうな今日この頃です。
寒暖の差が厳しくなってきましたね!風邪など引かないように心がけましょう。

 

 

さて、本題へ

前回のおさらい

伊豆東海岸の足となっているのが、電車【伊豆急行】となります。
伊東駅から終点伊豆急下田駅までの13駅を繋ぐ
各駅停車となっており、待ち時間はおおよそ30分からとなります。
その30分の待ち時間をどのように過ごせばよいのか?

そして、自分がお勧めするのが足湯です。
短時間でも心が安らぎ、旅行気分をあじわうには持ってこいの足湯
伊豆の駅周辺には多くの足湯が点在します。伊豆に電車で来た際には
是非、1度は試してみるのも良いかと思います。
30分の待ち合わせ時間には、ちょうど良いかと思います。
izukilyueki伊豆急行各駅

キャプチャ駅近くの足湯

そして、前回は伊東市内【城ヶ崎海岸駅】ほっぽの湯と【伊豆高原駅】お美足の湯
を紹介しましたが、今回2回目となる駅近隣の足湯は、伊東市から南下し
東伊豆町にある、駅近隣の足湯を紹介したいと思います。

先ずは、伊豆大川駅に隣接した足湯

伊豆大川駅から足湯処(そっとこ)

伊豆大川駅を改札を出てすぐのところにある足湯、定員5人も浸かれば
満席となるこじんまりとした足湯となっております。

ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性・中性・高温泉)
■源泉名:大川28号泉(採水地:東伊豆町大川字南原の田248-13)
■泉温:源泉54.9℃ ■pH:6.7 ■湧出量:■成分総計:g/Kg

つづきましては!

 

熱川駅から 熱川湯の華ぱぁーく

駅入り口、駐車場左奥に見えるのが源泉足湯【熱川湯の花ぱぁーく】となり
伊豆半島ジオパーク 東伊豆ビジターセンターが足湯奥にあります。
画像正面奥には、温泉玉子が販売されており、3個で¥100となっています。

 

もう一つ、熱川駅から!おおよそ徒歩8分海岸線沿いにある足湯

温泉足湯(熱川温泉)流れる温泉 あそべる広場 熱川ほっとぱあーく

 

海岸沿いにある足湯公園。裸足になって流れる温泉の中に足をつけながら
海を眺めることができます。また、公園内には足裏を刺激する凸凹歩道もあり
健康散歩も楽しめます。バリヤフリー対応のトイレも完備されています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

まだ、まだ、東伊豆町には足湯がありますが、駅からほど近い所にある足湯は
この3点となります。
次回は、河津町から駅に近い足湯を紹介したいと思うので、ご期待してください。

最後までお読み下さりありがとうございます(^^)

 

それでは、今日はこの辺で

伊豆の民宿 2代目宿主 すすむでした。

 

ABOUT ME
すすむ
静岡県、伊豆東海岸で、民宿業を営む2代目宿主すすむです。 伊豆での旅のあり方、楽しみ方、お得な情報、自分の事、そして当宿の事などを綴っていけたらと思っています。 趣味は写真、映画鑑賞、PC関係、園芸、料理等々・・・ 都心から2時間半で豊かな自然と温泉を楽しむ事ができますよ♪

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。