居心地の良い場所【芙蓉】Part 2

 

伊豆の民宿 宮田荘2代目 すすむです

 

 

台風21号の残した爪痕が、次第に出てきている、伊豆東海岸

自分の感覚では、それほどでもと思っていましたが・・・

なんのなんの😱

海岸線での影響は、多大ものとなっていました。

特に砂浜のある地域では、砂が暴風により、えぐりとられ吹き飛ばされていました。

ここ白田地区から熱川地区の海岸線では、暴風高波の影響により

大量の流木が沿道を塞ぎ、熱川地区温泉場から繋がる、

穴切り海岸においては、落石等々が見受けられました。(Facebookの情報から)

今回の台風(21号)おいては、特に暴風、高波の影響がかなり出てた事をSNSを通じ

知り得る事ができました。

 

 

それでは、この間の続きへと

 

立派な門構えには愛らしい甘味処を表した

暖簾がかかり、道行く人の目を引いているかのようでした。

 

暖簾をくぐり、石畳み奥に玄関がある。

玄関扉が開いていたので、声をかけ、中に入ろうと思っていたが

暖簾上からぶら下がっている銅鑼が気になった。

なにやら、玄関扉左手には短冊が掛けてあり、そこには『銅鑼をお叩き下さい』と

書いてある。

それならと、ボ~ンと😫(鈍い音)の後から店主である、女性が顔を見せた。

店主
どうぞ、お上がり下さい

すすむ
お邪魔します!

 

玄関土間に入ると、そこには幼少期を思い出させてくれる、小上がり石(上がりかまち)が

置いてあった。

上がりかまちに靴を置き、家の中に入ると奥手の部屋12畳程の床間に通された。

これまた、どこか懐かしさを感じるところになっている。

自分が幼少期の時は、この造りと似た家に住んでいたから、尚更

思いが高まる。縁側の引き戸は、ガラスはめ込みの格子綴りの建具となっていて、

ガラス格子先には、芙蓉の花が綺麗に見えていた。

それでは、何を食べようかと・・・

今回は抹茶白玉あずきにしてみました!

注文して、白玉を練り始めているのか?少々待たされる。

待つのが嫌いな自分でも、この空間では何も苦にならず待つことができる。

10分程度待ったのか?

注文のものがやってきた😆

真ん中に抹茶アイス、抹茶アイスを囲むようにトライアングルで白玉。

そして、器底にあずきが引いてある。

器も思った以上に大きい為、食べ応えもある。

お口直しで3枚の塩昆布まで付いてくるのが有難い😃 美味しゅうございました。

そうそう忘れる前に。白玉好きの方、白玉が大きいうえ食感がとても良いのでオススメです。

ちょいと分かりにくい場所にある為、手こずるかも!?知れませんが、

是非1度は行ってみてほしい所です。

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました(^^)

それでは、今日はこの辺で 伊豆の民宿 宮田荘2代目 すすむでした。

   宮田荘SNSはページこちらからとなります。
The following two tabs change content below.
静岡県、伊豆東海岸で、民宿業を営む2代目宿主すすむです。 伊豆での旅のあり方、楽しみ方、お得な情報など40代目線から見た 伊豆を書き留めていきたいと思います。 趣味は写真、映画鑑賞、PC関係、園芸、料理等々・・・都心から2時間半で豊かな自然と温泉を楽しむ事ができますよ♪

最新記事 by すすむ (全て見る)

コメントを残す